winter-1127201_960_720

地デジを録画したDVDには、
CPRMというプロテクトがかかっています。

このCPRMはCPRMに対応したドライブや再生機器でないと、
PCでの再生やDVDプレイヤーでの再生ができない仕様になっています。
また、ディスクもCPRM対応である必要があります。

cprm5

最近、登場しているプレイヤーはレコーダーの多くは、
CPRMにも対応しているものが多くなっていますが、
依然として未対応のPCやレコーダーを使っている人も多いようです。

CPRMを解除できるソフト

CPRMを解除できるソフトにCPRMDecrypterというソフトがあります。

CPRMDecrypterはCPRMを解除できるフリーソフトとして現在もインストールが可能です。

DI_IMG_5771_TP_V

しかし、現在、このCPRMDecrypterを使ったCPRM解除は違法行為になってしまうので注意が必要です。

関連記事:CPRMDecrypterのダウンロードと使い方

CPRMDecrypterのエラー

CPRMDecrypterを使っても「キーの取得に失敗しました」などのエラーが発生する場合があります。
使ってるPC環境によっては強制終了することもあるようです。

また、CPRMDecrypterで解除されたファイルはVRO形式という動画形式で保存されます。
VRO形式はMP4などの通常の動画の拡張子とは異なるため、
VRO形式に対応しているプレイヤーやVROを搭載できる書き込み・変換ソフトが必要になります。

ドライブ内に VR_MOVIE.VROが見つかりませんでした」というエラーが発生する場合は、
解除しようとしているディスクがBD-Rでないか確認してください。

録画したディスクがBDの場合は、
CPRMDecrypterではプロテクトを解除できません。

CRPMは地デジBDには搭載されない

そもそも、CPRMというプロテクトは地デジを録画したDVDに搭載されるものであって、
BD、ブルーレイディスクに録画した場合はCPRMは搭載されません。

最近は録画ディスクも多くの方はより高解像度のブルーレイディスクを利用していると思います。

compact-disk-1108240_960_720

地デジを録画したディスクだからといって、BDにCPRMDecrypterを使っても、
CPRMDecrypterはあくまでCPRMのみを解除するソフトなのでCPRMを検知することができずエラーが発生してしまいます。
BDの場合はCPRMとは異なったAACSというプロテクトが搭載されているのです。

また、録画したレコーダーによっては「AVCREC」「HD Rec」などの専用のプロテクトがかかるパターンもあり、
これらもCPRMDecrypterでは解除できません。

AACSを解除できるフリーソフトは現状存在しない

BDに地デジを録画した場合、
そのBDを他のDVDやBDにコピーしたりするには、
AACSの解除が必要になります。

DI_IMG_5648_TP_V

このAACSの解除にはいわゆるリッピングソフトが必要になるのですが、
2016年現在、AACSの解除行為も違法行為になります。

また、AACSを解除できるフリーソフトは現在ありません
(無料で使えるものもあるが、利用期間が制限されている模様)

有料のリッピングソフトを購入しても、
日本国内でプロテクト解除目的のソフトを販売することも違法になるので、
正常にBDをリッピングできるとは限りません。

最も確実かつ安全に地デジプロテクトをなくす方法

地デジを録画したDVDにはCPRMが。
地デジを録画したBDにはAACSが搭載されています。

これらプロテクトのおかげで、
地デジ録画したものをDVDをPCで再生したり、
他のDVDやBDにコピーすることができなくなっているわけです。

近年、著作権法改正の煽りを受けてリッピングソフトは縮小し、
代わりにキャプチャボードを利用した映像録画でのコピーが行われています。

ezhd_stepimg01

キャプチャボードとは、
レコーダーなどの再生機器からHDMIやアナログケーブルで映像を出力させ、
その映像を録画することで動画ファイル化させる機器のことをいいます。

この方法は再生映像を録画する形でコピーを行うので、
プロテクトを解除せず、また、プロテクトの種類に関係なく映像録画ができるのです。

なので、違法になることなく、
DVDでもBDでも搭載されてるプロテクトに関係なく動画化できます。

もちろん、この方法は番組録画のように、
録りたい時間分、録画時間がかかるというデメリットもあります。

しかし、使いようによっては、
DVDやBD、VHSなど様々な映像をまとめて録画することができるわけです。
録画された動画にはプロテクトはかかっていないので、
これをDVDやBDに書き込むこともできます。

キャプチャボードもPCを使わないものや、
アナログ端子に対応しているものなどいろいろあるので比較してみるといいでしょう。

header

>>>PCを使わず地デジBD、DVDをコピーできるキャプチャボード EzCAP HD

>>>スマホに直接 地デジ映像を動画として保存できるキャプチャボード VersaCAP HD

 

まとめ

地デジ移行後、BS・CSなどのチャンネル増加に伴い、
バラエティや情報番組だけでなく、多様な趣味嗜好に対応した番組が放映されています。

children-403582_640

また、海外ドラマ専用チャンネルや洋画。さらに有料の番組チャンネルでは24時間、映画やスポーツ中継が放映されていたりします。

これらを録画して、CPRMなどのプロテクトを解除することは、
たとえ個人の利用の範疇でも現在の著作権法では違法行為になります。

当サイトではCRPMプロテクトについてまとめていますが、
CPRM解除を推進する意思は全くなく、CPRMDecrypterなどソフトの利用を固く禁じています。

現状、リッピングソフトは無料のものもほぼ開発が停止しているので、
どうせ購入するのであればキャプチャボードを購入したほうが安全です。

(2016/4/29追記)

当サイトでも紹介しているEzCAP HDがGWキャンペーン価格で販売されています。最大5,000円OFFで入手できるチャンスなのでこの機会をお見逃しなく!!

P1310271-300x225

地上デジタルに移行して早5年になりますが、

CPRM解除をしたいって人はまだまだ結構いるようです。

地デジになってからテレビのチャンネルもBSだけでなく、
CSも追加され、幅広い嗜好に合わせた番組が展開されています。

正直、私自身も地上波のチャンネルよりも、
BSチャンネルの番組の方が面白いと思っています。。。

children-403582_640

様々な面白い番組が放映されていますから、
番組を録画したいのも当然のことです。
全部は見きれないですからね。

でも、ここで出てくるのがCPRMという問題なわけです。

(関連リンク:CPRMとはいったいなんなのか??

 

CPRM解除は2016年現在、違法になります

justice-471885_640

残念ながらCPRMの解除行為は日本国内では違法行為にあたります。

というよりも、CPRMというプロテクト自体が日本固有のものなんですけどね。

CPRMの解除には、CPRM decrypterというソフトがあり、
2012年の著作権法が改正される前までは、
CPRMを解除できる方法として広く認識されていたわけですが…
(海外ソフトだからウィルスの安全性の問題があったらしいけど)

著作権法改正によって
「コピープロテクトの解除行為」は違法になってしまったわけです。

私自身もDVDのリッピングソフトなどは、
海賊版の横行や著作権者の不利益につながることなので、
違法性をもっと強くすべきだと思っているんですが…

正直、CPRMの存在意義がよくわからない…

地デジ番組などは完全に放映されているものだから、
録画したものはDVDに一回しか書き込めないコピーワンス)や、
録画したものはDVDに10回しか移動できないダビング10)などの、
いわゆるコピープロテクトは必要なかったのではないかと思っています。

でも、それでも違法なものは違法なわけですから、しょうがありません。

当サイトでは、違法行為を助長するような方法を載せるつもりはありませんので、
ご安心ください。

>>>当サイトおすすめのCPRMコピー方法はコチラから!!

CPRM解除しない地デジ映像コピー方法

上記で書いたようなコピーワンスダビング10は、
まだ、著作権という概念を守るという面でなんとなく納得がいくのですが、
CPRMで一番の問題が…

CPRM搭載DVDはCPRM対応の再生機器じゃないと再生できない
ということです。

おそらく、当サイトにきている多くの方がこれで悩んでいるのではないかと思います。

CPRM非対応の古いPCでの再生やDVDプレイヤーの再生ができない!!って方に、
おすすめしたいのがキャプチャボードを使った録画方法です。

EzCAP HD ブログ素材

この方法は、
コピープロテクトを解除しないで、
再生した映像をそのまま録画する形で映像コピーします。

つまりはテレビの番組録画と同じことですね。
録画された映像には、CPRMは掛かっていないのでPC再生も問題なくできます。

ezhd_stepimg01

映像再生機器 – – – キャプチャボード – – – モニター

という形で接続し、
映像機器から出力された映像をキャプチャボードで録画する方法になります。

キャプチャボードでおすすめしているのがEzCAP HDです。

EzCAP HDなら…

header

・PCが必要ない
録画にPCは必要ないのでWindows10でもMacでも問題ありません!

・映像を直接MP4での保存
録画映像はUSBメモリでMP4で保存されるので、そのままPC再生も可能です
(ちなみにCPRM decrypterはVRO形式なので変換の必要性がありました)

・HDMI、コンポーネント、コンポジットの入力が可能
映像を入力できる端子が幅広いので、
再生機器さえあれば、DVDやブルーレイ、VHS、ゲーム映像などいろいろな映像を録画できます
再生機器によってはHDMIにプロテクトがかかる場合があります

 

2016年現在、DVDコピーは違法性の観点から
リッピングソフトからキャプチャボードにシフトしつつあります。
しかし、キャプチャボードについても今後どうなるかはわかりません。

ただ、キャプチャボードは映像さえ出力できれば、
録画できる機器なので、いろいろな映像を保存することが可能です。

とくにEzCAP HDはPCを使わずに、
かんたん操作で録画できるのでおすすめです。

>>>当サイトのおすすめキャプチャボード 詳しくはコチラから!!<<<
P1310279

 

 

 

CPRMDecrypterを使うことにより、
地デジDVDに搭載されているCPRMを解除することが可能です。

BD-Rの場合はCPRMではなく、
また異なったプロテクトがかかっているので注意が必要です。

関連記事:CPRM解除できない理由とその解決法【2016】

cprm5

ちなみにCPRMがかかった地デジ録画DVDの再生は画像のように、
VROが再生できるプレイヤー(VLCプレイヤー)を利用しても、
グレーがかかってしまい正常に再生ができません。

CPRMDecrypterのダウンロードについて

CPRMDecrypterは2016年現在もダウンロードが可能です。
しかし、CPRMDecrypterを使ったCPRM解除は違法行為になりますので、
当サイトではダウンロードリンク等を貼ることはできませんことご理解ください。

場合によってはウィルスなどを検知することもありますので、
ダウンロードリンクは安全なところからダウンロードしてください。

cprm9

ダウンロードが完了したら、
CPRMDecrypter.exe」を起動することによりソフトが起動します。

CPRMDecrypterの使い方

PCドライブにCPRM搭載のDVD-Rが正常に読み込められていれば、
「ドライブを設定」から件のドライブの選択ができるはずです。

cprm

正常にドライブが読み込めない場合は、
お試しのPCドライブがCPRMに対応していない可能性があります。

保存用の出力先のフォルダを任意のフォルダに選択しましょう。

cprm2

その後、下部の「c3dec設定」で設定を行います。
基本的にはデフォルトのままで構いませんが、
「音声制御情報」だけ「除去しない」にチェックをすることをおすすめします。
除去にチェックをすると音ズレの原因になる可能性があります。

cprm2

設定が終わったら、
あとはソフト下部の「CPRM」のロゴが入ったディスクアイコンをクリックしましょう。

するとプログラム画面に移行します。

cprm32

正常にDVD-Rが読み込まれていれば、
こちら側はなにもしなくても、ソフトが自動で、CPRMを検出⇒解除を行ってくれます。

cprm6

あとは「Decoding」の%が進んでいくので、
100%になったらCPRM解除は完了です。

いずれかのキーを押すことで終了します。

CPRM解除ができていることを確認

さきほど、出力保存先に選んだフォルダにVRO形式の動画が保存されているはずなので、
再度、VLCプレイヤーで再生してみましょう。

cprm7

問題なく再生ができました。

しかし、CPRM解除ができても、
動画の形式はVRO形式ですので、VRO搭載可能な書き込みソフトなどを使う必要があります。

関連記事:CPRM解除できない理由とその解決法【2016】

 

 

CPRMとは、
Content Protection for Recordable Mediaの略称のことで、
主に地上デジタル放送に関わるコピープロテクトのことをいいます。

computer-15354_640

聞いたことない!!って方もいるかもしれませんが、
地デジを録画したものをDVDなどに書き写すときに、
みなさんCPRM対応のDVDを購入しているはずです。

このCPRM
PCに疎い人でも関わる機会の多いテレビのコピープロテクトなので、
困ってる人も多いのです。

今日はちょっとCPRMについて勉強してみましょう。

CPRMとは??

市販のDVDにはコピープロテクトが搭載されています。

これはなぜかというとDVDというものが、
映像や音声を一つのデータとしてまとめられていることに起因するわけです。

もしも、DVDにコピープロテクトが搭載されていないと、
誰でも簡単にPCを使って、DVDのデータの複製ができてしまいます。

そうなんです。DVDは複製がとっても簡単にできてしまうものなんですね。
だからVHSからDVDに移り変わり、DVDという市場が爆発的に広まったわけなのです。

DVDをコピーできないように、
企業側が搭載したメジャーなコピープロテクトがCSSです。

どっかで聞いたことあるかな??

しかししかし、このCSS。

copy-27161_640

1999年にノルウェーの10代の少年によっていとも簡単に解除されてしまうのです。
この解除の暗号はまたたく間に広がって、
リッピングソフト」というものが台頭するわけですね。

CPRMはそんな背景から、
一度解除されても対策ができるようシステムを強化しました。

そして2004年の地上デジタル放送への移行と同時にCPRMが実装を開始しました。

CPRMはどんなコピープロテクトなのか??

では具体的にCPRMはどんなコピープロテクトなのでしょうか。
細かくいうと、CPRMはコピー制御のことを指し、
再生機器側にかかるコピープロテクトのことをいうのですが、
ここではコピーワンスダビング10についても書いていきます。

コピーワンス

birthday-cake-843921_960_720

テレビの番組をHDDに録画します。
そして、それをDVD-Rに書き込むとしましょう。

すると、なんと録画されていたHDDから録画データは消去されてしまい、
また、書き込まれたDVDを複製・移動すらできなくさせてしまいます

事実上、一度だけのデータを移動しかできないコピープロテクトをコピーワンスといいます。

ただ、これだとDVDからBDへの書き直しやバックアップ保存ができないなどの問題があり、
2008年にコピーワンスに変わり、ダビング10が採用されました。

ダビング10

number-437927_960_720

コピーワンスの緩和版として登場したダビング10は、
それまで事実上、1回の移動しか許していなかった地デジ録画を、
移動を1回、コピー最大9回の複製を可能にさせました。

CPRM制御

地デジを録画したものは、CPRM制御がかかっており、
CPRMに対応した再生機器が必要になります。

fullhd

幸い、地デジ移行により、多くの方がテレビの買い替えを行ったので、
CPRM搭載DVDがテレビで読み込めないということはあまりなかったものの、
DVDプレイヤーやPCでの再生ができないという問題が多く浮上したわけです。

現在ではCPRM対応のPCやドライブ、プレイヤーが発売されていますが、
それでもいまだ、地デジ以前の再生機器、PCを利用している人も事実です。

sadness-451917_640

DVDをPCで再生できない…

こんなことありますよね??

そのDVD、
もしかしてCPRMが搭載されていませんか??

b3e84ad4a95336e8f0b0c77cfce0e3eb_m

CPRMとはいわゆるデジタル映像に関するプロテクト、規制なんですが…

CPRMがついているDVDは、
CPRMに対応しているドライブじゃないと再生ができないんですね。

でも、それだけのためにPCや新しいドライブを買うのもちょっと…

という方はキャプチャボードでの録画し直しを試してみたらどうでしょうか??

>>>おすすめのキャプチャボードの詳しい情報はコチラから!!

IMG_1362

つまり、
CPRM付きDVDをプレイヤーで再生⇒再生映像をキャプチャボードで録画
プロテクトの付いていない映像を保存

という形になります。

>>>EzCAP HDの詳しい情報はコチラから!!

DSCN6652

コンポーネント接続搭載のEzCAP HDなら、
高解像度で録画ができますし、録画にPCは使いません

もちろん、再生さえできれば録画が可能なので…
CPRMコピーワンスダビング10など
DVDプロテクトの種類に関係なく録画保存できるのが強みです。

また、MP4動画で直接保存するので、
変換の必要もなく、すぐにDVD書き込みやPC再生が可能です!!

IMG_1343

EzCAP HDはHDMI、コンポーネント、コンポジットに対応してるので、
例えば、ブルーレイ、VHS、ゲーム映像などもキャプチャ保存可能です。
※HDCPなどのプロテクトを解除する機能は搭載されていません

ここらへんはリッピングソフトではできない特徴になります。

録画ですから時間はかかりますが、
汎用性があるのでCPRMにお悩みの方はおすすめです!!

 

 

header

 

 

 

computer-15354_640

録画したDVDをPCで再生できなかった…

録画したDVDを複製できない…

これらの問題はCPRMというプロテクトが原因かもしれません。

b3e84ad4a95336e8f0b0c77cfce0e3eb_m

CPRMはデジタル映像にかかるプロテクトで、
CPRMの掛かったDVDはCPRMに対応しているDVD-Rや再生機器が必要なのです。

PCの再生にも同じことが言えます。

こういうのに詳しい方ならいいのですが、
CPRMに対応したドライブを用意して…
CPRMに対応したソフトを用意して…

と、分からない方にはちょっと難しいと思います。

じゃあ、CPRMを解除しよう!!となると違法になっちゃいます。

IMG_1350

ここで紹介する方法は、
キャプチャボードという映像録画機器を使って、
CPRM付きDVDの映像を録画し直し⇒プロテクトが付いていない動画にする方法です。

 

キャプチャボードでCPRM付きDVDの映像を録画し直す

good-422550_640

キャプチャ録画方式ならCPRMの解除にあたりませんので
違法性も問題ありません

IMG_1135

この方法は、お使いのDVD再生機器にコンポーネント(緑・青・赤)
が搭載されていることが前提になりますので、
一度、ご確認くださいね。

キャプチャボードのおすすめはEzCAP HDです。

IMG_1343
EzCAP HDのいいところは…

・PCを使わない(動画の保存はUSB)
・DVDの映像をそのままMP4に直接変換できる
・接続可能ならブルーレイ、VHS、ゲーム映像などもMP4変換可能

ところです。

PC自体使わないので、、
MacユーザーでもPCを持ってない人でも使えますね!!

 

IMG_1362

写真のように、
プレイヤーからコンポーネントでEzCAP HDへ。
必要に応じて、パススルーでモニターと繋げて映像の視認もできます。

DSCN6652

録画もEzCAP HD本体の録画ボタンをワンクリックで録画開始⇒終了ができます。

プレイヤーで映像が再生できるのであれば、
プロテクトの種類は関係なく録画できます。

もちろん、録画されたMP4にはプロテクトは掛かっていません!!

Windowsユーザーは必見!?

PowerDirector

いま、EzCAP HDを購入すると…

付属で動画書き込みソフトであるCyberLink PowerDirector 10DE
がついてくるのでオトクですよ!!

 

 

 

 

 

computer-15354_640

CPRMはコピーガードの一種です。

現行の法律ではコピーガードを解除したリッピング行為は違法行為にあたります。
絶対にやめましょう。

でも、CPRMがついたDVDでも複製は可能です。

キャプチャボードを使ってCPRMを解除することなくDVDを録画コピーしましょう。

DSC_0044

>>>詳しくはコチラから!!

まず、この方法には、

・EzCAP HD
・DVDを再生するDVDプレイヤー
・PC

が必要になります。

DVDプレイヤーの裏面に搭載されている

IMG_0990
コンポーネント(緑・青・赤の端子)
コンポジット(黄の端子)

DSC_0049

から映像を出力してEzCAP HD、PCにつなげることにより、
DVDの映像をPCで再生録画することが可能です。

この方法ならたとえCPRMが掛かっているDVDでも、
DVDをただ再生しているだけなので、
CPRMを解除せずにDVDの映像を複製できちゃうのです!!
付属の編集・書き込みソフトで、
録画したDVD動画をDVDに焼く
こともできます。
(MediaEspresso6.5、PowerDirector 10 DE)

>>>詳しくはコチラから!!

DVDだけじゃない!!

IMG_1086

また、EzCAP HDはキャプチャボードなので、
接続可能な機器なら、
ビデオデッキやゲーム機に接続⇒映像録画ができちゃいます。

あなたの持ってるDVDプレイヤーまたはDVDが再生できる機器。
裏面にコンポーネントは搭載されていますか??

搭載されててDVDをコピーしたいなら、
ぜひEzCAP HDをおすすめします!!

EzCAPHD_468×60_140619

computer-15354_640

CPRMが付いたDVDは、
CPRM対応の再生プレイヤーでないと再生ができません!!

例えば、パソコンでの再生。
パソコンのドライブがCPRMに対応していないと再生ができないんです。

デジタルに移行したと同時にコピープロテクトとして搭載されたのがCPRM
CPRM自体が比較的新しいプロテクトなんですね。

厄介なのが、
何度も言う通り、CPRMに対応した機器じゃないと再生すらできないこと!!

でも、多くの方はデジタルに移行しても、
デジタル以前のパソコンやDVDプレイヤーを使ってるはずです。

なので、CPRM付きのDVD-Rが再生できないわけなんですね。

そのためにCPRMの解除方法を探す方が多いわけなんですが…

copy-27161_640

現行の著作権法では、
CPRMの解除行為は違法になってしまいます。

刑罰は現在のところありませんが、
今後どうなるかは分かりません。絶対にやめましょう。

そのため、このサイトでは、

CPRM付きのDVDを再生⇒録画⇒CPRMのないDVD-Rの複製

を行えるEzCAP HDを紹介しています。

DSC_0049

この方法は再生している映像を録画する形でコピーを行うため、
安全にCPRM付きのDVDを録画コピーできます。

必要なものは、
EzCAP HDと
パソコン

そして…

IMG_1138

コンポーネント接続が可能な再生プレイヤーです!!

parfect13

アナログ接続にてPCに録画した動画にはプロテクトなどの制約はかかっていないため、
あとはそれを付属の書き込みソフトでDVD-Rに書き込めば…
はれてCPRMの搭載されていないDVD-Rの複製ができます!!

デジタル時代は便利だけど、いろいろと制約が厳しい時代になってしまいましたね…

EzCAPHD_468×60_140619

macbook-336651_640

Mac自体がDVDをコピーする手段がWindowsより少ないのに、
さらにCPRMなどの制約があるとMacでDVDをコピーするのは厳しいのが現状です。

しかも!!

このサイトでは何度も言っている通り、
CPRMなどのコピープロテクトを解除することは違法になります。

ですので、リッピング行為は絶対にやってはいけません!!!

そこで、
MacでCPRMを解除せずにDVDをコピーする方法を紹介します。

IMG_3961

それを可能にするのがGameCAP HDです。

CPRMを解除せずにコピーをするとは、
つまりDVDを再生⇒その映像を録画し直すということです。
これをキャプチャコピーといいます。

>>>GameCAP HDの詳しい情報はコチラ

通常、キャプチャコピーは、
再生と録画をPCで行うため、PCへの負荷がかかりやすい方法ですが、

なっなんと!
このGameCAP HDはPCを使いません!!

>>>GameCAP HDの詳しい情報はコチラ

DVDを再生するプレイヤーとGameCAP HDをコンポーネントなどで接続すれば、
その映像を録画できちゃいます!!
※事前にお使いの再生プレイヤーの端子をご確認ください
※CPRMを解除する機能は有していないので
お使いの機器によってはHDMIでのキャプチャができない場合があります

IMG_8857

しかもMP4でUSB保存です!!

もともとがゲーム実況のために作られた製品ですが、
DVDコピー対応数が少ないMacユーザーの方には
便利なDVD録画コピーツールになっています!!

再生プレイヤーの映像端子とGameCAP HDを接続して、
そこからモニターに接続すれば、映像を見ながら、録画も可能です!!

iphone-324781_640

MP4で保存できれば、
iPhone、iPadなどのタブレットにもすぐに移すことができるので便利ですよ!

>>>GameCAP HDの詳しい情報はコチラ

※CPRM解除は違法行為になるので絶対にしないでください

DSC_0044

EzCAP HDならCPRMなどのプロテクトを解除することなく、
安全に録画コピーができます。

また、EzCAP HDと接続可能なら…

なんと!

IMG_1086

DVDだけじゃなく、
BDやVHS、ゲーム映像までこれ一つで映像をPCに保存できます!

録画された映像はm2ts形式で保存され、
この動画には一切のプロテクトや制限がかけられていないため、
編集に書き込みにそのまま移行することが可能です。

PowerDirector

しかも、付属で書き込みソフトCyberLink PowerDirector 10DEが付いてくるのでお得です。

※EzCAP HDは、HDCPなどの技術保護を解除する機能は一切有していません
※必ず著作権法に違反しないよう、私的利用の範囲でのみご利用ください。

⇒⇒⇒詳しくはコチラから!

 

EzCAP HDのキャプチャコピーの仕組み

【接続イメージ】
パソコン―(USB)―EasyCAP HD―(HDMI、コンポーネント等)―DVDプレイヤー

511DMHsrC9L

上記のイメージのように、
プレーヤーとEzCAP HD、EzCAP HDとPCケーブルで接続することにより、

parfect13

プレーヤーで再生される映像をPCに映しだし、その映像をキャプチャ録画する、
という形で映像の複製を行います。

この方法なら、DVDのデータには触れることがないので、
プロテクトの種類関係なく、また解除することもなく複製できます。

⇒⇒⇒詳しくはコチラから!

キャプチャコピーの映像の画質

EzCAP HDはHDMIに対応していますが、
技術的保護手段を回避する機能などは有していないので、
お使いのプレーヤーによってはHDMIでのデジタル録画はできません

…が

アナログ接続なら可能です。

DSC_0049

コンポーネント(緑・赤・青)、コンポジット(黄)接続なら録画コピーできます。

IMG_0990IMG_1055

しかも、コンポーネント接続なら高解像度での複製ができます。
画質に関してもアナログ接続なので多少の劣化はありますが、
目に見える範囲ではありません。

下記の映像比較動画を一度ご参照ください。

PCに動画として取り込んだ後は、
そのまま付属の編集/書き込みソフトでDVDにできます!!
※MediaEspresso6.5/PowerDirector DE10

PDFのマニュアルも用意されてるので、
機器にあまり詳しくない方でも大丈夫です!!

IMG_1086

DVDだけじゃなく
いろいろな映像をPCに取り込みたい!!

安全にDVDをコピーしたい!!

という方はおすすめしたい製品です。

EzCAPHD_468×60_140619