CPRMとは、
Content Protection for Recordable Mediaの略称のことで、
主に地上デジタル放送に関わるコピープロテクトのことをいいます。

computer-15354_640

聞いたことない!!って方もいるかもしれませんが、
地デジを録画したものをDVDなどに書き写すときに、
みなさんCPRM対応のDVDを購入しているはずです。

このCPRM
PCに疎い人でも関わる機会の多いテレビのコピープロテクトなので、
困ってる人も多いのです。

今日はちょっとCPRMについて勉強してみましょう。

CPRMとは??

市販のDVDにはコピープロテクトが搭載されています。

これはなぜかというとDVDというものが、
映像や音声を一つのデータとしてまとめられていることに起因するわけです。

もしも、DVDにコピープロテクトが搭載されていないと、
誰でも簡単にPCを使って、DVDのデータの複製ができてしまいます。

そうなんです。DVDは複製がとっても簡単にできてしまうものなんですね。
だからVHSからDVDに移り変わり、DVDという市場が爆発的に広まったわけなのです。

DVDをコピーできないように、
企業側が搭載したメジャーなコピープロテクトがCSSです。

どっかで聞いたことあるかな??

しかししかし、このCSS。

copy-27161_640

1999年にノルウェーの10代の少年によっていとも簡単に解除されてしまうのです。
この解除の暗号はまたたく間に広がって、
リッピングソフト」というものが台頭するわけですね。

CPRMはそんな背景から、
一度解除されても対策ができるようシステムを強化しました。

そして2004年の地上デジタル放送への移行と同時にCPRMが実装を開始しました。

CPRMはどんなコピープロテクトなのか??

では具体的にCPRMはどんなコピープロテクトなのでしょうか。
細かくいうと、CPRMはコピー制御のことを指し、
再生機器側にかかるコピープロテクトのことをいうのですが、
ここではコピーワンスダビング10についても書いていきます。

コピーワンス

birthday-cake-843921_960_720

テレビの番組をHDDに録画します。
そして、それをDVD-Rに書き込むとしましょう。

すると、なんと録画されていたHDDから録画データは消去されてしまい、
また、書き込まれたDVDを複製・移動すらできなくさせてしまいます

事実上、一度だけのデータを移動しかできないコピープロテクトをコピーワンスといいます。

ただ、これだとDVDからBDへの書き直しやバックアップ保存ができないなどの問題があり、
2008年にコピーワンスに変わり、ダビング10が採用されました。

ダビング10

number-437927_960_720

コピーワンスの緩和版として登場したダビング10は、
それまで事実上、1回の移動しか許していなかった地デジ録画を、
移動を1回、コピー最大9回の複製を可能にさせました。

CPRM制御

地デジを録画したものは、CPRM制御がかかっており、
CPRMに対応した再生機器が必要になります。

fullhd

幸い、地デジ移行により、多くの方がテレビの買い替えを行ったので、
CPRM搭載DVDがテレビで読み込めないということはあまりなかったものの、
DVDプレイヤーやPCでの再生ができないという問題が多く浮上したわけです。

現在ではCPRM対応のPCやドライブ、プレイヤーが発売されていますが、
それでもいまだ、地デジ以前の再生機器、PCを利用している人も事実です。

sadness-451917_640

DVDをPCで再生できない…

こんなことありますよね??

そのDVD、
もしかしてCPRMが搭載されていませんか??

b3e84ad4a95336e8f0b0c77cfce0e3eb_m

CPRMとはいわゆるデジタル映像に関するプロテクト、規制なんですが…

CPRMがついているDVDは、
CPRMに対応しているドライブじゃないと再生ができないんですね。

でも、それだけのためにPCや新しいドライブを買うのもちょっと…

という方はキャプチャボードでの録画し直しを試してみたらどうでしょうか??

>>>おすすめのキャプチャボードの詳しい情報はコチラから!!

IMG_1362

つまり、
CPRM付きDVDをプレイヤーで再生⇒再生映像をキャプチャボードで録画
プロテクトの付いていない映像を保存

という形になります。

>>>EzCAP HDの詳しい情報はコチラから!!

DSCN6652

コンポーネント接続搭載のEzCAP HDなら、
高解像度で録画ができますし、録画にPCは使いません

もちろん、再生さえできれば録画が可能なので…
CPRMコピーワンスダビング10など
DVDプロテクトの種類に関係なく録画保存できるのが強みです。

また、MP4動画で直接保存するので、
変換の必要もなく、すぐにDVD書き込みやPC再生が可能です!!

IMG_1343

EzCAP HDはHDMI、コンポーネント、コンポジットに対応してるので、
例えば、ブルーレイ、VHS、ゲーム映像などもキャプチャ保存可能です。
※HDCPなどのプロテクトを解除する機能は搭載されていません

ここらへんはリッピングソフトではできない特徴になります。

録画ですから時間はかかりますが、
汎用性があるのでCPRMにお悩みの方はおすすめです!!

 

 

header

 

 

 

computer-15354_640

CPRMが付いたDVDは、
CPRM対応の再生プレイヤーでないと再生ができません!!

例えば、パソコンでの再生。
パソコンのドライブがCPRMに対応していないと再生ができないんです。

デジタルに移行したと同時にコピープロテクトとして搭載されたのがCPRM
CPRM自体が比較的新しいプロテクトなんですね。

厄介なのが、
何度も言う通り、CPRMに対応した機器じゃないと再生すらできないこと!!

でも、多くの方はデジタルに移行しても、
デジタル以前のパソコンやDVDプレイヤーを使ってるはずです。

なので、CPRM付きのDVD-Rが再生できないわけなんですね。

そのためにCPRMの解除方法を探す方が多いわけなんですが…

copy-27161_640

現行の著作権法では、
CPRMの解除行為は違法になってしまいます。

刑罰は現在のところありませんが、
今後どうなるかは分かりません。絶対にやめましょう。

そのため、このサイトでは、

CPRM付きのDVDを再生⇒録画⇒CPRMのないDVD-Rの複製

を行えるEzCAP HDを紹介しています。

DSC_0049

この方法は再生している映像を録画する形でコピーを行うため、
安全にCPRM付きのDVDを録画コピーできます。

必要なものは、
EzCAP HDと
パソコン

そして…

IMG_1138

コンポーネント接続が可能な再生プレイヤーです!!

parfect13

アナログ接続にてPCに録画した動画にはプロテクトなどの制約はかかっていないため、
あとはそれを付属の書き込みソフトでDVD-Rに書き込めば…
はれてCPRMの搭載されていないDVD-Rの複製ができます!!

デジタル時代は便利だけど、いろいろと制約が厳しい時代になってしまいましたね…

EzCAPHD_468×60_140619

CPRMとはDVDに施されるコピーガード



本ページでは、CPRMについて説明します。

そもそもCPRMとは、レコーダーに保存されているデジタル放送を
空のDVDにライティングする際に発生するコピーガードです。

このCPRMが施されたDVDは、CPRM対応プレーヤーや再生プレーヤーでしか再生することはできません。
ご存知の通り、一般的な家電プレーヤーはそのほとんどがCPRMに対応しています。

ですが、PC用再生プレーヤーやDVDドライブとなると
CPRMに対応しているものは多くありません。

つまり、CPRMが施されたDVDは、
PC上でドラッグ&ドロップなどでデータのコピーをすることはできないのです。

また、CPRMを解除する海外製ソフトが存在しますが、
当然、そのツールでCPRMを解除することは違法行為となります。
(日本国内では、どのような手段であれCPRMを解除して保存することが違法になります)

CPRMを解除せずに録画保存を行うのであれば、

EasyCAP HDなどのキャプチャユニットを使って、
アナログ信号でPCにキャプチャコピーしましょう。

アナログ信号経由であれば、解像度を落とすことなく(コンポーネントケーブルの場合)、
PCに録画保存可能です。

今すぐ購入する