CPRMとはDVDに施されるコピーガード



本ページでは、CPRMについて説明します。

そもそもCPRMとは、レコーダーに保存されているデジタル放送を
空のDVDにライティングする際に発生するコピーガードです。

このCPRMが施されたDVDは、CPRM対応プレーヤーや再生プレーヤーでしか再生することはできません。
ご存知の通り、一般的な家電プレーヤーはそのほとんどがCPRMに対応しています。

ですが、PC用再生プレーヤーやDVDドライブとなると
CPRMに対応しているものは多くありません。

つまり、CPRMが施されたDVDは、
PC上でドラッグ&ドロップなどでデータのコピーをすることはできないのです。

また、CPRMを解除する海外製ソフトが存在しますが、
当然、そのツールでCPRMを解除することは違法行為となります。
(日本国内では、どのような手段であれCPRMを解除して保存することが違法になります)

CPRMを解除せずに録画保存を行うのであれば、

EasyCAP HDなどのキャプチャユニットを使って、
アナログ信号でPCにキャプチャコピーしましょう。

アナログ信号経由であれば、解像度を落とすことなく(コンポーネントケーブルの場合)、
PCに録画保存可能です。

今すぐ購入する