CPRMとは、
Content Protection for Recordable Mediaの略称のことで、
主に地上デジタル放送に関わるコピープロテクトのことをいいます。

computer-15354_640

聞いたことない!!って方もいるかもしれませんが、
地デジを録画したものをDVDなどに書き写すときに、
みなさんCPRM対応のDVDを購入しているはずです。

このCPRM
PCに疎い人でも関わる機会の多いテレビのコピープロテクトなので、
困ってる人も多いのです。

今日はちょっとCPRMについて勉強してみましょう。

CPRMとは??

市販のDVDにはコピープロテクトが搭載されています。

これはなぜかというとDVDというものが、
映像や音声を一つのデータとしてまとめられていることに起因するわけです。

もしも、DVDにコピープロテクトが搭載されていないと、
誰でも簡単にPCを使って、DVDのデータの複製ができてしまいます。

そうなんです。DVDは複製がとっても簡単にできてしまうものなんですね。
だからVHSからDVDに移り変わり、DVDという市場が爆発的に広まったわけなのです。

DVDをコピーできないように、
企業側が搭載したメジャーなコピープロテクトがCSSです。

どっかで聞いたことあるかな??

しかししかし、このCSS。

copy-27161_640

1999年にノルウェーの10代の少年によっていとも簡単に解除されてしまうのです。
この解除の暗号はまたたく間に広がって、
リッピングソフト」というものが台頭するわけですね。

CPRMはそんな背景から、
一度解除されても対策ができるようシステムを強化しました。

そして2004年の地上デジタル放送への移行と同時にCPRMが実装を開始しました。

CPRMはどんなコピープロテクトなのか??

では具体的にCPRMはどんなコピープロテクトなのでしょうか。
細かくいうと、CPRMはコピー制御のことを指し、
再生機器側にかかるコピープロテクトのことをいうのですが、
ここではコピーワンスダビング10についても書いていきます。

コピーワンス

birthday-cake-843921_960_720

テレビの番組をHDDに録画します。
そして、それをDVD-Rに書き込むとしましょう。

すると、なんと録画されていたHDDから録画データは消去されてしまい、
また、書き込まれたDVDを複製・移動すらできなくさせてしまいます

事実上、一度だけのデータを移動しかできないコピープロテクトをコピーワンスといいます。

ただ、これだとDVDからBDへの書き直しやバックアップ保存ができないなどの問題があり、
2008年にコピーワンスに変わり、ダビング10が採用されました。

ダビング10

number-437927_960_720

コピーワンスの緩和版として登場したダビング10は、
それまで事実上、1回の移動しか許していなかった地デジ録画を、
移動を1回、コピー最大9回の複製を可能にさせました。

CPRM制御

地デジを録画したものは、CPRM制御がかかっており、
CPRMに対応した再生機器が必要になります。

fullhd

幸い、地デジ移行により、多くの方がテレビの買い替えを行ったので、
CPRM搭載DVDがテレビで読み込めないということはあまりなかったものの、
DVDプレイヤーやPCでの再生ができないという問題が多く浮上したわけです。

現在ではCPRM対応のPCやドライブ、プレイヤーが発売されていますが、
それでもいまだ、地デジ以前の再生機器、PCを利用している人も事実です。

地上デジタルに移行して早5年になりますが、

CPRM解除をしたいって人はまだまだ結構いるようです。

地デジになってからテレビのチャンネルもBSだけでなく、
CSも追加され、幅広い嗜好に合わせた番組が展開されています。

正直、私自身も地上波のチャンネルよりも、
BSチャンネルの番組の方が面白いと思っています。。。

children-403582_640

様々な面白い番組が放映されていますから、
番組を録画したいのも当然のことです。
全部は見きれないですからね。

でも、ここで出てくるのがCPRMという問題なわけです。

(関連リンク:CPRMとはいったいなんなのか??

 

CPRM解除は2016年現在、違法になります

justice-471885_640

残念ながらCPRMの解除行為は日本国内では違法行為にあたります。

というよりも、CPRMというプロテクト自体が日本固有のものなんですけどね。

CPRMの解除には、CPRM decrypterというソフトがあり、
2012年の著作権法が改正される前までは、
CPRMを解除できる方法として広く認識されていたわけですが…
(海外ソフトだからウィルスの安全性の問題があったらしいけど)

著作権法改正によって
「コピープロテクトの解除行為」は違法になってしまったわけです。

私自身もDVDのリッピングソフトなどは、
海賊版の横行や著作権者の不利益につながることなので、
違法性をもっと強くすべきだと思っているんですが…

正直、CPRMの存在意義がよくわからない…

地デジ番組などは完全に放映されているものだから、
録画したものはDVDに一回しか書き込めないコピーワンス)や、
録画したものはDVDに10回しか移動できないダビング10)などの、
いわゆるコピープロテクトは必要なかったのではないかと思っています。

でも、それでも違法なものは違法なわけですから、しょうがありません。

当サイトでは、違法行為を助長するような方法を載せるつもりはありませんので、
ご安心ください。

>>>当サイトおすすめのCPRMコピー方法はコチラから!!

CPRM解除しない地デジ映像コピー方法

上記で書いたようなコピーワンスダビング10は、
まだ、著作権という概念を守るという面でなんとなく納得がいくのですが、
CPRMで一番の問題が…

CPRM搭載DVDはCPRM対応の再生機器じゃないと再生できない
ということです。

おそらく、当サイトにきている多くの方がこれで悩んでいるのではないかと思います。

CPRM非対応の古いPCでの再生やDVDプレイヤーの再生ができない!!って方に、
おすすめしたいのがキャプチャボードを使った録画方法です。

EzCAP HD ブログ素材

この方法は、
コピープロテクトを解除しないで、
再生した映像をそのまま録画する形で映像コピーします。

つまりはテレビの番組録画と同じことですね。
録画された映像には、CPRMは掛かっていないのでPC再生も問題なくできます。

ezhd_stepimg01

映像再生機器 – – – キャプチャボード – – – モニター

という形で接続し、
映像機器から出力された映像をキャプチャボードで録画する方法になります。

キャプチャボードでおすすめしているのがEzCAP HDです。

EzCAP HDなら…

header

・PCが必要ない
録画にPCは必要ないのでWindows10でもMacでも問題ありません!

・映像を直接MP4での保存
録画映像はUSBメモリでMP4で保存されるので、そのままPC再生も可能です
(ちなみにCPRM decrypterはVRO形式なので変換の必要性がありました)

・HDMI、コンポーネント、コンポジットの入力が可能
映像を入力できる端子が幅広いので、
再生機器さえあれば、DVDやブルーレイ、VHS、ゲーム映像などいろいろな映像を録画できます
再生機器によってはHDMIにプロテクトがかかる場合があります

 

2016年現在、DVDコピーは違法性の観点から
リッピングソフトからキャプチャボードにシフトしつつあります。
しかし、キャプチャボードについても今後どうなるかはわかりません。

ただ、キャプチャボードは映像さえ出力できれば、
録画できる機器なので、いろいろな映像を保存することが可能です。

とくにEzCAP HDはPCを使わずに、
かんたん操作で録画できるのでおすすめです。

>>>当サイトのおすすめキャプチャボード 詳しくはコチラから!!<<<
P1310279